相場を動かす要因

外国為替市場では為替レートは刻々と変化しています。世界情勢は日々変化をし、それを反映して通貨が売られたり、買われたりしているからです。これらの為替相場を動かす要因には様々なものがあるといわれています。例を挙げると、政治や経済はもちろん、天候や株価や商品価格の値動きから天候に関するものまでさまざまです。ここでは、為替相場を動かす要因について説明します。

相場に影響を与える「ファンダメンタルズ」

先ほども触れたように、為替相場に影響を与える要因はさまざまあります。世界の経済や社会情勢は日々変化し、それを反映して通貨の売買が行なわれているからです。このように相場を動かす要因はさまざまですが、FX取引をするなら、情報収集や分析方法のポイントを抑えておきましょう。相場が動くときの要因のひとつに、為替は“ファンダメンタルズに影響されて動く”とあります。ファンダメンタル分析とは、取引をする二国間の国力の差、つまり基礎的な経済状況を(国内景気、軍事力、貿易収支、GDP 等)を比較して、将来的にどのように推移していくかを比較する方法です。日々発表される統計や指標などを総合的に判断して、どちらの国の通貨を買うかを決めていきます。為替相場は長期投資で考える場合は、このようなファンダメンタルズを反映して動くと考えられています。

それでは短期的に投資スタイルを考えた場合では、どのような情報を収集分析するべきなのか?短期スタンスでの相場を動かす要因は、長期スタンスでの場合と比較すると、さまざまな出来事を反映していく傾向が多いといわれています。そのひとつに、市場に参加している参加者が何に注目しているか、ということを読み取る必要があります。市場に参加している参加者の着目点やトレンドは日々変わります。何をテーマに投資行動をおこなっているかの観察が必要なのです。また、今後のイベントや要人発言も為替相場の変動に影響を及ばすといわれています。為替相場でいう要人とは、通貨政策に大きな影響を持っているような人物を指します。例えば、財務大臣や日銀総裁、アメリカの財務長官などです。

国際会議なども為替レートを動かすイベントといわれているので、G7(先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議)G8、G20やサミットなどのイベントでの内容にも注目しておきましょう。

FX最新ランキング